ゴールアシストの評判は良くない!?実際に行ってみたからわかること

セレクション合格のためのスクールやキャンプを運営しているゴールアシスト。お子さんがセレクションを狙っている場合、ゴールアシストの名前を目にする機会もあるかと思います。

ゴールアシストはセレクションに特化したカリキュラムでの指導をしてくれる、とても珍しいタイプのスクール&キャンプです。でも、ネットで調べると「評判 良くない」なんてワードを目にするものだから気になります。親として評判のいい、子供を本当に伸ばしてくれるスクールにお願いしたいですもん。

『実際にゴールアシストのセレクションキャンプ&スクールに行ってみたらから分かること』をお話させていただきます。

ゴールアシストの評判は良くないの?

まずは早速本題の「ゴールアシストの評判は良くないのか?」という部分についてですが、ゴールアシストを知っている人自体、サッカーをやっている子の中では少数派だと思います。セレクションを狙っている子自体、サッカー人口を考えると少数派です。

うちの息子は少年団チームでサッカーをしています。強豪チームならセレクションを目指している子も多いのでゴールアシストを知っている方もいますが、少年団チームだとセレクションを考えている子は少数派で、ゴールアシストを知っている方自体がかなり少ないです。

ゴールアシストでは春・夏・冬休みにキャンプがあり、それとは別にスクールがあります。スクールは場所にもよりますが週1〜週2です。

キャンプだけの参加も可能です。うちの息子の最初は外部生としてキャンプに参加しました。ゴールアシストのキャンプは、決まった会場に4〜5日間通うスタイルです。泊まりではありません。キャンプは東京と大阪で開催されており、息子が行った東京でのキャンプには名古屋や東北からも来ている子がいました。遠方から参加している方は、会場の近くにホテルを取って来ているようでした。すごい気合の入り方です。

評判についてですが、毎回のキャンプで知った顔にお会いします。つまりリピーターが多い印象です。ゴールアシストは評判が悪いという内容の投稿もネットで見ましたが、実際に行ってみると評判が悪い理由は見当足らなかったというのが本音です。

ただ、受け身になるとなんの意味もないかもしれません。常に考えて、キャンプの後にはコーチに質問しに行ったりするくらいの気迫がないと、なんとな〜く過ぎてしまうかもしれません。

特に夏はセレクション直前で、U13クラスには上手な子が集まる傾向にあるように思います。人数も春や冬に比べて多いですし、みんな気合いが入っています。球際の強さを磨くにはいい環境だと思います。

セレクションとドリサルがあります

ゴールアシストには、セレクションキャンプ(スクール)とドリサルキャンプ(スクール)があります。

セレクションキャンプ(スクール)は球際を磨いたり、セレクションで見られやすい部分を強化するカリキュラムで、ドリサルは1対1の局面を磨くものです。

セレクションキャンプで他のママさんに話を聞く限り、セレクションキャンプとドリサルキャンプの両方に行っている子も少なくないようです。

ゴールアシストのセレクションの合格率って?

ゴールアシストを検討されているということは、Jクラブなり強豪チームなりのセレクションを視野に入れている方だと思います。たまに上達のためだけに来ている子もいるようですが、少数派だと思います。みんなセレクションを受けるために来ています。

そうなると、気になるのがセレクションの合格率。

ゴールアシストから合格率は公開されていませんので、正確なことはわかりませんが、見ている限りでは多くの子がどこかのセレクションに受かっています。ゴールアシストではセレクションに合格するとコーチに報告する子が大多数です。するとその日の練習前に「〇〇くんが□□に合格しました〜」とみんなの前で発表があり、みんなで拍手をしてから練習が始まります。秋になるとそんな光景をよく目にします。

合格したチームの多くはJクラブの下部組織の名前でしたので、もちろんスクールによって違いはあるのかもしれませんが、ゴールアシストに通う多くの子がセレクションに合格している印象があります。

息子はゴールアシストのセレクションに行ってどう変わったか?

うちの息子の場合、初めてゴールアシストの練習に参加したのは5年生になってすぐの春キャンプでした。最初の印象は、みんなとにかくスピードが早いということでした。

ゴールアシストのセレクションキャンプに行って寄せの早い子への対応や、オフザボールの動きが良くなりました。夏休みにセレクションキャンプに行ってチームに戻った時に、今まではパッとしなかったのに一気に抜きに出た感じがありました。本人は「春休みに何をしたの?」とコーチやチームメイトに聞かれたそうです。

これはすごいと思い、迷わずスクールに入会。

ゴールアシストのセレクションスクールでは2ヶ月毎にテーマがあり、毎月模擬セレクションがあります。自分でコメントを書いてコーチに提出するとコーチからもコメントが書かれて帰って来ます。

常に何を意識するべきかも練習の中で的確に声がけしてもらえますし、攻守の切り替えスピードも向上しました。

10月〜11月頃になると6年生が「○○に合格しました」とJ下部組織の名前を挙げて報告している姿を見るので、ゴールアシストからセレクションに受かる子もたくさんいるのは事実です。

ただ、周りをみると通っているスクールはゴールアシストだけという子は少ないかもしれません。ゴールアシストでセレクションで見られる部分を教えてもらい、それを他のスクールに通って磨くというパターンなのかもしれません。

ちなみに我が家もゴールアシストの他にももう1つスクールに通っています。判断スピードをさらに上げるために、その辺りを徹底的に強化してくれるスクールに行き、ゴールアシストで上手な子の中でもそれを活かせるプレーを学ばせていただいています。

ゴールアシストのメリット、デメリット

ゴールアシストにもメリットデメリットがあると思います。実際に通っているから感じるゴールアシストのメリット、デメリットをお話します。

ゴールアシストのメリット

ゴールアシストのメリットは何と言ってもセレクションに関する情報です。バンバンセレクションに受ける強豪チームに所属していれば嫌でもセレクションについての情報が耳に入ってきますが、そうでなければセレクションに関する情報は自分で調べるしかありません。

でも、ゴールアシストに入っていれば知りたい情報は教えてもらえますし、子供がセレクションに合格するためのアドバイスももらえます。

情報という部分はとても大きなメリットです。どんなにサッカーが上手でも、チームが弱ければあまり目立つ機会も少ないので、スカウトからの声もかかりにくいです。ゴールアシストの本拠地はFC東京のスタジアムである味の素スタジアムです。そのため、ゴールアシストに所属する多くの子がFC東京の下部組織のセレクションを受けます。

毎年のフレッシュなセレクション情報を持っているのがゴールアシストであり、自分でそれを調べるには限界があるのでゴールアシストに頼るのは大きなメリットだと感じています。

ゴールアシストのデメリット

ゴールアシストのデメリットは、「自分で掴みに行く!」という意識がないと、得られるものが半減してしまうことです。

セレクションで必要な技術も、欲しい情報も全て自分から掴みにいく必要があります。スクールやキャンプに言ってなんとなく過ごしているだけでは、情報は教えてもらえません。

「こういう進路を考えている、自分の弱みは何か?」など積極的にコーチと話すことで、スクールの時の声かけもより具体的に教えてもらえるようになりますし、サッカー進路についても過去のスクール生の事例も挙げて選択肢を教えてもらえます。

こちらからどんどん行ければ、月謝以上の成果をものにすることも可能なスクールだと思います。ちなみにゴールアシストに通っている子の親の熱量はすごいです。親も真剣です。まるで中学受験をする子の親のようだと感じました。

昔は高校や大学サッカーからプロ選手になるのが一般的な流れでしたが、いまは下部組織から育成していく流れになっているので、サッカー進路も中学受験のように親と子が一体となって乗り越えて行くべき壁になっているのかもしれません。

セレクションを目指す子は親も熱心な家が多い

ゴールアシストに限らず、こう言ったセレクションを目指すような子が集まるスクールは親も熱心な家が多いです。私は「本人がやりたいなら送迎するさ〜」という比較的ゆるいスタンスなので、親の熱量にはいつも圧倒されています。

話を聞くと特に食事に気を使っている家が多いです。ゴールアシストでも中学生のコースからアスリートに特化したお弁当を提供するサービスがあったりしますが、上を目指すためには小学生時代から食事に気を使うことを求められます。

私も食事にだけは気をつけるようにしています。スクールの後も30分以内にご飯が食べられるようにお弁当を持たせてスクールに通っています。

タンパク質をしっかり補給できる食事などスポーツ栄養の勉強も欠かせませんが、多くの親御さんが意識されているのが30分以内の食事ですね。これは意識するだけでできることなので、セレクションを目指すならば徹底したいポイントです。

簡単で高栄養な食事におすすめなのが発芽玄米です。玄米のメリットを倍増させ、デメリットを改善したような夢のような食材なので、ぜひ毎日の食事の中に取り入れてみてください。

>>発芽玄米で子供のサッカーを後押し!簡単で美味しい発芽玄米の活用方法

まとめ

ゴールアシストの評判が悪いと感じた方は、言葉を選ばず言えばゴールアシストの使い方が甘かったのかなぁと思います。質問すればコーチも丁寧に教えてくれますし、自分からどんどん行く姿勢があればゴールアシストは子供を伸ばしてくれる場所だと思います。

ちなみに評判がいいと言われているバルサのスクールですが、息子もセレクションを受けてしばらく通っていたことがあります。確かに上手な子がいて刺激になりましたが、息子にはゴールアシストの方が合っていたようです。

スクールもキャンプも、コーチとの相性やスクールの指導方針との相性が必ずあります。お子さん自身が「ここだ!」と思える場所でサッカーをするのが一番伸びるのではないでしょうか。

セレクションを受けるのはお子さんです。お子さんが一番自信を持ってセレクションに臨める環境を作って上げることが親にできる唯一のことかなぁと思っています。