子供がサッカーをする時は、夏でもインナーシャツを着せた方がいいの?

インナーシャツを着る子供

冬場には大活躍するインナーシャツ。

アンダーシャツとも呼ばれますよね。

冬の練習ではほとんどの子がインナーシャツを着ています。でも、夏ってインナーシャツを着ていない子が多いのが現状です。

サッカーをする子供には、夏もインナーシャツを着せた方がいいのかご紹介します。

サッカーボールサッカーをする時は夏もインナーシャツを着るの?

summer

読者さんから、こんな質問を頂きました。

暑いからインナーは着たくないと言い、肌に直接練習着やユニフォームを着て出かけます。暑い日にはインナーシャツは着せなくていいものなのでしょうか。

これって、結構多くのパパさん、ママさんが気にされていることですよね。

確かに子供ってインナーシャツを着たがらない子が多いものです。

でも、インナーシャツには冬の防寒だけでなく、プレーの質を上げるための意味もあるのです。

サッカーボール夏のインナーシャツはこんなにスゴイ!

汗を吸収してくれ、最近のインナーシャツは速乾性があるので、練習着やユニフォームが汗で身体に張り付くのを抑え、快適にプレーをすることができます

また汗が冷えて風邪をひくのを予防することができます。

プロも夏の暑い時期でもユニフォームの下にインナーシャツを着ていますよね。

ユニフォームの下にインナーシャツを着るのは暑そうに感じられますが、プレーの質を上げるためにも、暑くて汗をかく夏こそインナーシャツは着せるようにしましょう。

サッカーボール夏のインナーシャツの選び方

選ぶ

春〜夏の汗をかきやすい時期は、ノースリーブのインナーシャツを選ぶようにしましょう。

ただし、汗の吸収がいいからと言ってコットン素材のインナーを着せる方もいますが、綿のインナーシャツはNGです。

確かにコットンは汗の吸収はいいのですが、速乾性がないため、体を冷やす原因になってしまいます。また汗を吸うと重くなるため逆にサッカーのプレーがしづらくなるというデメリットもあります。

綿素材のインナーならば着せない方がプレーの質は上がると思います。

最近は筋肉のサポートをするコンプレッションインナーという高機能インナーもありますが、体にピタッとフィットするタイプのインナーなので、特に夏は子供は不快に感じる子が多いと思います。

子供の場合は1000円〜2000円くらいの普通のノースリーブインナーで十分です。

アディダスやナイキなどのブランドのものは少し高めですが、ノーブランドのものならば比較的安価で購入できます。

子供はどんどん成長しますし、インナーは上に練習着やユニフォームを着てしまう為どうせ見えないので、ノーブランドの物でいいと思います。

お金をかけてあげられる場合でも、他の部分にお金をかけてあげた方が賢いと思います。

サッカーボールインナー選びの注意点

注意

インナー選びで気をつけたいのがインナーシャツの色です。

試合の時にはインナーシャツもユニフォームと同じ色である必要があります

ユニフォームの色が白ならば、白のインナーシャツ、青ならば青いインナーシャツを着るという具合ですね。

2色以上の色が使われているユニフォームの場合には、メインの色のインナーシャツを選べばOKです。

例えば、ユニフォームの柄がトップスが黄色と青のストライプで、パンツが青だとしたらインナーは青を選んでおけば大丈夫です。

スポーツ用品店にいくと様々な色のインナーシャツが売られています。

ただ、白、黒、青、赤くらいは定番で見かける機会も多いのですが、ピンクや黄緑などの色は置いていないお店も多いので、ネットショップで購入するのが確実です。

まとめ

夏の暑いから時期は忘れられがちなインナーシャツですが、暑くて汗をいっぱいかくからこそ必要なものなのですね。

子供は体温が高く暑がりなので、インナーシャツを嫌がる子も多いと思います。

そんな時は、なぜインナーシャツを着るのか理由をちゃんと説明し、一度インナーシャツを試させてみるといいですね

うちの息子も最初はインナーシャツを着るのを嫌がっていたのですが、試合中にベタつかないのでプレーはしやすいと言って、試合の日には必ずインナーシャツを着ていきます。

ぜひ、夏もインナーシャツも着る!という習慣をつけてあげたいですね。

 

ドリブル練習法

>>ビックリするほどサッカーが上達する!?上達のポイントは○○だった!?