小学生の息子がサッカーのセレクション合格のためにやったこと

小学生のサッカーのセレクションとしては一般的には2つの道があります。1つは小学3年生時点でJクラブの下部組織や街クラブのジュニアセレクションを受ける道。この場合には、4年生からチームの移籍をすることになります。

もう1つは、6年生でジュニアユースセレクションを受ける道。こちらの場合には中学生からこちらのチームに所属するので小学生の頃にチームを移籍する必要はありません。

うちの息子が選んだのは後者、ジュニアユースのセレクションを受ける道。ジュニアユースのセレクション合格のためにやったことを記してみました。

息子がジュニアユースのセレクションを受けることを意識し出したのは小学5年生のとき。同じチームの6年生がセレクションを受けるという話を聞いて意識し出したようです。

5年生のセレクションを受ける前の息子のスペックは以下の通りです。

・身長140cm 体重33kgのチビっこ

・50m走タイム 7.6秒

・リフティング回数150回

・ポジションはSH(サイドハーフ)

正直、このままではセレクション合格は難しいと素人の私でもわかるレベルでした。でも、子供がやる気になっているですから、できる限りは応援してあげたいのが親心。そこでまずはジュニアユースセレクションに合格するためには何を強化するのがいいのか本を読んだり、知り合いのJクラブの関係者の方に聞いたりして調べてみました。

クラブの育成方針によって多少の違いはあれど、セレクションに合格する子の特徴は大きく分けて3 パターンです。

足の速い子

体の大きい子

周りの状況がよく見えている子

うちの息子の場合、体も小さいですし、足も遅くはないけどズバ抜けて速くはないです。そうなれば「周りの状況がよく見えている子」になるしかセレクションで戦う術はありません。じゃあ、「周りの状況が見えてる子にしましょうではないか」と母は意気込みますが、具体的に何をすればいいのかさっぱりわかりません。ちなみに私(母)は小学生の頃になんとなーくサッカーをしていたことはありますが、ただ運動が好きなだけでサッカーが好きなわけじゃなかったので、サッカーに関しては素人です。主人はサッカーをやっていて、今もサッカーチームでパパさんコーチをしているのですが、息子のサッカー進路に関してはノータッチと言うか、本人の意思に任せると言う感じです。

きっとサッカーの才能が有り余っている子の所にはスカウトも行きますし、ここまで母が頑張らなくても進路が決まるのでしょうが、うちの息子はそこまで上手い訳ではないので、いかにスキルを上げる環境に放り込めるかが需要でした。つまり、本人の努力はもちろん、私の頑張りにかかっていると言っても過言ではありません。

まず、最初に送り込んだのはゴールアシストのセレクションキャンプです。これははっきり言って大正解でした。お盆期間中の夏のキャンプに参加したのですが、5日間で目を見張るほどの成長がみられました。

セレクションキャンプ後のチーム練習でも、コーチから「急に上手くなったね」とお声をかけていただくほど。素人目から見ても、動きがお盆前とは明らかに違いました。

ゴールアシストのサマーキャンプには多くの6年生が参加します。と、言うか5年生での参加は少数です。しかも参加する6年生は皆さんどこかのセレクションを狙っている方ばかりなので、スピードも速いですし、何より負けん気が半端ないです。「ミニゲームであっても絶対に負けたくない!」という気迫が感じられました。

そんな子達の中で5日間揉まれているのですから、5年生の中に戻ったときにはそのスピードの違いは大きな違いとして感じられます。息子が言うには、「チームの子の動きがすごくゆっくりに感じる。試合でも5年生の動きはゆっくりだ。」なのだそうです。

スピードがゆっくりに感じられれば、心にゆとりができ、周りを見る余裕ができます。周りが見えれば、プレーの幅も広がります。ゴールアシストのセレクションキャンプをきっかけにドリブルをしていても、ボールをロストすることはほとんどなくなりました。

ここで一回まとめます。

まず、5年生の夏に行って良かったのはゴールアシストのセレクションキャンプです。この時期に1つ上の学年のセレクションを目指す子達とサッカーをできた経験は大きなステップとなりました。