子供に野菜を食べさせるレシピ①!夏は冬瓜で夏バテ防止

野菜嫌いの子供

 

野菜と見るや食べない子供。

そんな子供に、何とか野菜を食べてもらおうと必死なママも多いはず。

我が家の長男も嫌いの野菜嫌いで、頭を悩ませました。

子供の成長に欠かせない栄養素をたっぷり摂れる、子供も食べやすいレシピをご紹介しています。

今回取り上げたい栄養満点食材は・・・夏野菜の冬瓜です。

サッカーボール 冬瓜のここがスゴイ!

冬瓜

冬瓜は代表的な夏野菜です。

夏野菜なのに冬って・・・と思ったことある方も多いはず。

名前の由来には諸説あるようですが、冬瓜は夏収穫すると冬まで食べることができる為、この名前がついたと言われています。

 

冬瓜はウリの仲間で、カリウムを多く含み、ビタミンCも豊富。

夏バテ防止や、風邪予防に効果のある食材です。

最近では、冬瓜に含まれるサポニンという成分が、体の余分な脂肪の蓄積を抑えてくれる働きがあることがわかってきました。

低カロリーでダイエットにも効果ありの、子供にもママにも優しい野菜なのです。

サッカーボール栄養満点!子供も喜ぶ冬瓜レシピ

冬瓜入りビシソワーズ

材料(4人分)冬瓜                 1/8個

じゃがいも       小2個

玉ねぎ          小1個

コンソメスープの素   1個

牛乳                      600cc

バター       2g

塩      小さじ2/3

作り方

①ジャガイモは皮を剥き1cm各くらいに切ります。

冬瓜は皮を向き、5mmくらいの薄切りにします。

玉ねぎは皮を剥いたら薄くスライスします。

 

②切った野菜を耐熱容器に入れて、レンジ600Wで3分加熱します。

冬瓜とためねぎは色が透き通り、じゃがいもは串が通ればOKです。

 

③鍋を熱しバターを入れます。

加熱した野菜を入れて、焦げないようにバターと絡めます。

半量300ccの牛乳とコンソメスープの素、塩を入れます。

沸騰しないように気を付けながら、コンソメを溶かします。

 

④粗熱が取れたらミキサーで撹拌します。

材料がトロトロに混ざったら、鍋に戻して残りの牛乳300ccを入れて混ぜます。

(ミキサーの容量が600cc以上ならば、そこに残りの牛乳を追加して撹拌して大丈夫です。)

冷蔵庫で冷やしたら出来上がりです。

パセリを散らすと彩もキレイです。

 

まとめ

面倒そうなビシソワーズも、ミキサーがあれば裏ごしいらずで簡単です。

冬瓜とジャガイモでとろみが付くので舌触りも良く、食感を重視する子供も食べやすいスープです。

見た目は白いスープ。

子供は得体のしれない野菜(冬瓜)が入っていることには気が付きませんので、食べず嫌いの子でも抵抗が少ないと思います。

 

冷たいスープは、暑くて食欲がない時にも食べやすいですね。

牛乳でカルシウムも補給でき、栄養満点の夏バテ予防スープですので、ぜひ作ってみてください。

 

ドリブル練習法

>>ビックリするほどサッカーが上達する!?上達のポイントは○○だった!?